忍者ブログ
人の形をしたものをこっそりなでなでするブログ。
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 うちから比較的近い彼岸花スポットを探していると、『常泉寺』というお寺が出てきました。住宅街の中の小さなお寺で、花のシーズンには少し混み合うということでした。しかし今年最後の彼岸花撮影になりそうですし、一か八か行ってみることにしました。

 続きは下の【続きを読む】からどうぞ!

拍手



 お邪魔したのは平日の午後。何人か人はいましたが、落ち着いて撮れそうな雰囲気です。
 寺務所で拝観料(守華代)300円を払います。寺務所は奥まったところにあり、誰も見ていないので、スルーして花を見ることもできてしまいそうです…が、趣味丸出しの事をさせていただくので(笑)しっかり払います。
 本堂は古そうな建物でしたが、寺務所は新しい綺麗なところです。温厚そうな住職さんに拝観料を払っていざ撮影! と、その前に縁結びの菩薩様がいらっしゃるのでお参りしておきます。

 …いやいやいや。縁結び菩薩のお寺で何をしとるんだねキミは!?(苦笑)
 こりゃ絶対ご縁はないなと思いました。とほー。

 庭に一歩入った所に水琴窟があります。

 肘をついている河童の傍で耳を澄ますと、微かに聞こえてくる水の音。


「あっ、聞こえる聞こえる!」
「キレイな音だろぉ? おいら、毎日こうして聴いているんだぁ」
「うん、とってもキレイな音!」

 境内にはユーモラスなお地蔵さんと河童がたくさん。

「月に代わってお仕置きよ!」
「な、なんでー!?」
 パソコンに取り込んでからブレブレだったことに気づいてガックシ。それにしてもサアラさん、ノリノリである。


「ど、どうしたの? そんなに落ち込まないで」
「そうだよ、顔を上げて! こんな美少女二人を目の前にしてもったいないよ!」
(…マヤ、元気付けてるんだよね?)

 一息つける場所があって、お寺というよりは小さな植物園に来たような気分。誰もいないので失礼して、おやつにしちゃいましょう。

 横浜駅の相鉄改札内で買っておいた『丹沢あんぱん』。小振りながらあんこたっぷり、満足できます。

 時々、庭師さんが花の手入れをしている姿を見かけます。ゆっくり過ぎていく時間。刺されると痛い蚊が多いので虫除けスプレーは必須です。


 巾着田のような一面に広がる景色ではないけれど、一輪一輪が綺麗でした。白い彼岸花は赤に比べて繁殖力が弱いそうてすが、ここでは赤と同じくらいたくさん咲いています。白の中の赤というのは、ちょっと珍しいかも。


 初めて見ました、黄色い彼岸花。このお寺でも数が少ないそうです。山門の脇で静かに咲いていました。

 さてと、そろそろ日が暮れそうなので帰りましょうか。
 …おや? マヤさんがいません。おーい、マヤさーん!


「あれっ、見つかっちゃった」
 もう、どこかに落ちちゃったかと思ったよ!
「あははははっ、サアラじゃあるまいしー!」

サアラ「ふふ…(ええ、何度と無く落下したわ、まったく)」
 あっ…ごめんなさい…今日も軽く落ちましたね…。


 帰り際、彼岸花をバックに。サアラさんの膝が少し汚れているのは…お察し下さい。

 お寺でこんな事をやるのはどうかと思いましたが、思いの外人が少なかったので…住職さんすみません。
 四季を通じて色んな花が咲いているそうです。そろそろ彼岸花が終わって、似た形のネリネが咲き始めるでしょうか。また行ってみたい所です。


 拍手のお返事ですー。

> 高麗川さん
 とんでもない! 高麗川さんや蒼井さんの写真を見てハッとさせられて、自分もああいう画を撮りたいなーと思いながらシャッターを切っていますよ。巾着田は天気が良かったので混むだろうなと思いましたが、予想以上でした。いつか雨の中を撮りに行った時は、人出が少なくて良かったんですが…雨の中のドールはちょっと大変そうです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



Designed by TKTK
Material by MIZUTAMA
忍者ブログ [PR]