忍者ブログ
人の形をしたものをこっそりなでなでするブログ。
[64]  [63]  [61]  [62]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ちょっと足を伸ばしたけど、あるところにはあるもので。諦めかけていた赤いもみじに出会えました。
 続きは下の【続きを読む】からどうぞ!

拍手





 さら、さら、さら。
 ブーツのつま先が、乾いた落ち葉をもてあそぶ。
 さら、さら、さら。
 だんだん、金色に近づく景色。待ち人はまだ来ない。
 さら、さら、さら。

 ざあっ。
 突然、強い風が吹く。音と寒さに肩をすくめながら、空を見上げる。

 まるで示し合わせたかのように、一斉に葉が舞う。突然飛び立つ雁の群れのように。
 黄色い葉っぱは風に乗って、くるくると踊る。刹那のショー。そこかしこで地面に刺さるように落ちる、とっ、とっ、とっ。
 やがて全ての葉が落ち、静けさが戻った。

 また少し、日が傾いた。今夜もきっと冷え込むんだろう。



 ごめん、お待たせ。

「もう、遅いぞっ」



「帰っちゃおうかと思ったんだから。当然、奢りよね♪」

 うう、それで許して頂けるなら…

「よろしい。行こっ」

 いつもより白く見える手を取ると、想像以上に冷えていた。じん、じん、じん。
 ポケットの中でつないだ手。この熱を、少しでも彼女に分け与えたい。

 そんな思考は、突然首筋に突っ込まれたもう片方の手で中断されたのだった。



 赤い奔流。
 まっかなほっぺたの、きみとぼく。



 とゆーわけで、ここまでお読み頂きありがとうございます。お疲れ様でしたー。
 何でしょう、このラノベみたいな文章は。きっと後で見返して黒歴史入りするに違いありません。お酒でも飲んであったまって、忘れちゃいましょう。うへへ~いヽ(*´▽`*)ノ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



Designed by TKTK
Material by MIZUTAMA
忍者ブログ [PR]