忍者ブログ
人の形をしたものをこっそりなでなでするブログ。
[88]  [87]  [86]  [85]  [81]  [84]  [83]  [82]  [79]  [80]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 世間はGWでどこに行っても人が多いですが、ここは今日も静かで良いところでした。米軍の戦闘機が凄まじい音で飛んでいく点を除けば…。
 続きは下の【続きを読む】からどうぞ。

拍手




 今日は思い切って二人連れてきました。たくさん植えられているヤマモミジと。


 大きな牡丹の花。大きくて色が濃くて、すごい存在感。でも、すぐ散ってしまうそうで。
 花の後ろに鎮座しているのは…

 こちら、縁結び菩薩さまです。すべて見透かしたような目ですね。


 縁結び菩薩さまのすぐ近くにいるこの方。どっかで見ましたよね…たしか奈良の…。


 狭い敷地に広がるカオスな庭。肝試ししたら結構怖そうです。


 にゅっ

 お久しぶり、水琴窟の河童さん。でも真ん前から雑草が。庭の水やりはまめにされていますが、ここはあまり気にしていないのかな。


 藤とあやめ。時間が無くてあまり撮れなかったけど、藤棚も綺麗でした。


『\でけえ!/』
 まだ開きかけの牡丹。完全に開いたら、マヤさんが両手を広げたくらいの大きさになりそうですね。


「月に代わってお仕置きよ!」
「これ前回もやったよー!?」


「変なお寺! でも面白かった」
「でしょー? 次はカオスなお地蔵さんのところに行きたいなー」

(待ってるで、お嬢ちゃん)

 閉門後、山門の前でまだ写真を撮っていると、奥からお婆さんがいらっしゃいまして。こんな可愛い花をくれました。

 すずらんは幸運をもたらす花だそうです。ありがたく頂戴しました。
 話を聞くとお寺の生まれだそうで、5歳の時に関東大震災で被災し、お寺も倒壊してしまったのだとおっしゃっていました。お寺に花がたくさんあるのは、震災で亡くなった方々の遺族の心を和ませるための、当時の住職さん(お婆さんのお父さん?)による計らいだったのかな、それをお婆さんも守ってきたのかな、などと思考を巡らせ。
 はて、と計算してみました。
 関東大震災は、大正12年=1923年。この時お婆さんは5歳だから、生まれは1918年。
 今年は2014年。

 …御年96歳!? お肌ぴっちぴちでしたよ!? びっくりするくらいお元気でした。運が良ければ、またお会いできるかもしれません。花が綺麗な季節は続きますし、またお邪魔してみたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



Designed by TKTK
Material by MIZUTAMA
忍者ブログ [PR]